webdriver

スポンサーリンク
AutoIT

任天堂 Switch 戦争に巻き込まれたので、AutoItでの自動化の使い方を考える

世の中の一部の世界において、任天堂スイッチ戦争が勃発しているらしい。外出自粛、入荷数の減少に伴い、需要が供給を大幅に上回った上、転売屋による買い占めが起こり供給が更に少なくなっている模様。 特にAmazonでは一気に出さずに少しづつ...
WebDriver

navigator.webdriver=trueだとロボットだとバレる。その回避法はあるか?puppeteerなら出来そう

Selenium含め、WebDriver使うとnavigator.webdriver=trueがセットされます。もし自分のサイトがスクレイピングなどされたくない場合は、JavaScriptなどでこの値がtrueにセットされていれば別ページにジャンプなどすればOK。puppeteerだとnavigator.webdriverプロパティを削除することが出来ます。
WebDriver

AutoIt WebDriverでロボットだと認識されないようにする

WebDriverを使ってgoogleにアクセスしていると、googleがロボットですよね?的なページを表示してきました。まぁロボットなんですが。google検索にアクセスしすぎですよね。というわけで、ロボットと認識されないよう、人の操作に近くしてみようかなと。
WebDriver

AutoIt WebDriver UDFを使ってChrome操作 キーボード操作

AutoItではSelenium BasicでもChromeなどのブラウザを操作することが出来ますが、別途Selenium Basicをインストールする必要なので、少々面倒ではありますがWebDriver UDFを自分は使っています。今回はその中でもキーボード操作について記載します。SetKeys()がないので作って矢印やSHIFTキーを渡せるようにします。
WebDriver

AutoIt WebDriverでGoogleドライブにアクセス(ログイン)する

google drive apiを使えばドライブから間違えることなくファイルをダウンロードしたりアップしたりできるのですが、登録が面倒な人もいるはず。普通にChromeでマウスやキーボードでログインしてアクセスしていく作業をwebdriverを使って行っています。Microsoft Office製品だけでなくWebサービスも使って仕事する人は多いと思うので、webdriverは使えていたほうがいいですね。
Chrome

AutoItでSelenium (basic)を使ってChromeを操作する

AutoItにはWebDriver UDFがありますが、Seleniumを使うこともできます。Seleniumを使う場合はググるとSelenium+Pythonばかり出てきますが、Selenium VBAで検索するとSelenium BasicというものをインストールすればSelenium経由、WebDriverを通してブラウザ操作できます。 VBAで使える=AutoItでも使える と筆者は認識しているので早速やってみます。
AutoIT

AutoItの入れたほうがいいUDF

AutoItはUDF(User Defined Functions) ライブラリを追加することで自動化出来る事が大幅に増えます。ここでは、特に必須とも言えるべきライブラリを紹介します。ネットに接続して何かやるなら必須のUDFです。WebDriver UDFはJson UDFも必要なのでそれも。特にWinHTTP UDFは強力です。
AutoIT

AutoItでChromeを操作2~HTML要素へのアクセス~

以前、AutoItでChromeを操作するのはChrome WebDriver経由でWebDriver UDFを使って制御する記事を書きました。 今回はページの要素へのアクセスにトライしてみます。_WD_FindElement()では通常xpathを指定すると良いでしょう。 $_WD_LOCATOR_ByXPathはwd_core.au3に記載されています。文字列"xpath"でも大丈夫です。
WebDriver

Chrome WebDriver 起動チェックアプリ

WebDriverというオフィシャルな機能を使ってChromeを操作できます。開いたURLから普段見ている部分の情報を取得しExcelやtxtファイルに書き込む、スマホ代請求書を印刷するために、ログインして請求書ページから最新月のをダウンロード、それをプリンタで印刷(メールに添付して経理に送る)など、ブラウザを使った操作の自動化が簡単になります。
AutoIT

AutoItでChromeを操作する

AutoItでChromeなどのブラウザを操作するにはWebDriver UDFを使うのが楽です。Chromeをプログラムで操作しいくつかのサイトを開くまでを解説していきます。無料のデモアプリも用意したのでダウンロードして使ってみてください。WebDriverが正しく動くと指定したurlが表示されるはずです。うまくいかないときはwebdriverexeを変更するなりして動作するまで試してみましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました