スポンサーリンク
Chrome

AutoItでSelenium (basic)を使ってChromeを操作する

AutoItにはWebDriver UDFがありますが、Seleniumを使うこともできます。Seleniumを使う場合はググるとSelenium+Pythonばかり出てきますが、Selenium VBAで検索するとSelenium BasicというものをインストールすればSelenium経由、WebDriverを通してブラウザ操作できます。 VBAで使える=AutoItでも使える と筆者は認識しているので早速やってみます。
AutoIT

AutoIt SMTPメール送信 CDO.Messageを使う

AutoItでメール自動送信をしたいと思ったらInet.au3がincludeフォルダに入っています。引数にメール設定パラメータ入れて送ればOKです。 せっかく自動化するのにOutlookやThunderbirdとかのメールクライアントを使うのはGUIによる余計なエラーを誘発しやすく、本来の目的であるメール送信を邪魔する可能性があります。Outlook起動して新規作成ボタンのコントロールID取得してクリックして・・なんてことをやるのは・・ですね。
AutoIT

AutoItの入れたほうがいいUDF

AutoItはUDF(User Defined Functions) ライブラリを追加することで自動化出来る事が大幅に増えます。ここでは、特に必須とも言えるべきライブラリを紹介します。ネットに接続して何かやるなら必須のUDFです。WebDriver UDFはJson UDFも必要なのでそれも。特にWinHTTP UDFは強力です。
AutoIT

AutoIt パソコンの情報を取得するUDF Computer Info UDF

AutoItでパソコンの情報を取得するUDFがあります。Computer Info UDFです。パソコンベンダー名や製造番号などを取得することが出来ます。販売中の RPA ライクなアプリ「楽天商品レビュー取得&キーワード抽出アプリ」では、ベンダー名と製造番号を取得してライセンスと使用PCの紐づけを行っています。CompInfo UDFを使えば一発で出来ます。
AutoIT

AutoItでChromeを操作2~HTML要素へのアクセス~

以前、AutoItでChromeを操作するのはChrome WebDriver経由でWebDriver UDFを使って制御する記事を書きました。 今回はページの要素へのアクセスにトライしてみます。_WD_FindElement()では通常xpathを指定すると良いでしょう。 $_WD_LOCATOR_ByXPathはwd_core.au3に記載されています。文字列"xpath"でも大丈夫です。
アプリ

楽天商品レビュー取得&キーワード抽出アプリの初期設定

RPAライクなロボットアプリ「楽天商品レビュー取得&キーワード抽出アプリ」の初期設定は、フォルダにあるiniファイルを編集します。iniファイルをメモ帳などで開くと一番上に[ORDERINFO]セクションがあります。ここに購入時のメールに書いてあるオーダー番号とメールアドレスを記入すればOKです。
windows

WindowsでgrepしたいならSelect-Stringがいいみたい

形態素解析ライブラリのMecabを使っているのですが、ユーザー辞書を作るにも参考となるデータを探したいですね。 ipa辞書のAdj.csvやVerb.csvなどがこれにあたるのですが、この他にもNoun.adjv.csvなどいろいろあります。PowerShellでSelect-Stringすると自分的には良かったので。
Excel

AutoIt Excel UDF $oExcel.Transpose()でエラー

RPAキーワードでよく出てくる「エクセル操作を自動化」AutoItで簡単に実装できるExcel UDFですが、これだけでは当然機能が足りず結局VBAの知識が必要になります。 ExcelUDFを使うのをやめました。 セルに255文字を超える文字があると、_Excel_RangeRead(),_Excel_RangeWrite()の$oExcel.Transpose($data)がうまくいかない・・・
AutoIT

AutoItでエラー the requested action with this object has failed COMエラーをハンドリング

AutoItでRPAチックな自動化アプリを作成していると、開発PCでは出ないのにテストPCだと出る、なんてことがよくあります。 で、メッセージ的には「the requested action with this object has failed」COMエラーをハンドリングする必要が出てきますが、ObjEvent()で解決です。
AutoIT

AutoIt GUIエディタKodaでGUIアプリ作成

Autoit、SciTEスクリプトエディタにはKodaというGUIエディタが附属しています。VisualBasic(6時代しか使ったことない)のGUIエディタに似ているかなと思っています。コントロールをどんどん貼り付けていき、GenerateFormCodeすればコードに変換されます。 慣れればこれ使わなくてもいいと思いますが、とりあえずサクっと作るには便利です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました