AutoIT

スポンサーリンク
AutoIT

AutoItでnintendo Switchを購入するための自動化~その後~

以前、Nintendo Switch戦争に巻き込まれた・・の記事を書きました(だいぶ前)が、結果どうなったかというと。 無事購入出来て、あつ森プレイしています。 しかし、全部AuthItが購入までやってくれたかというと・・・そ...
AutoIT

任天堂 Switch 戦争に巻き込まれたので、AutoItでの自動化の使い方を考える

世の中の一部の世界において、任天堂スイッチ戦争が勃発しているらしい。外出自粛、入荷数の減少に伴い、需要が供給を大幅に上回った上、転売屋による買い占めが起こり供給が更に少なくなっている模様。 特にAmazonでは一気に出さずに少しづつ...
AutoIT

AutoIt 音を鳴らす SoundPlay()

AutoItなどで自動化させている時に、音で知らせたいことがあったので。単純で、音源(wav,mp3などWindowsが対応していれば多分OK)を用意し、SoundPlay(ファイルパス)をすればいいだけです。 1.音ファイルを用意...
AutoIT

autoit 自動クリック ツールをサクッと作る

自動クリックツールをAutoItでサクっと作ってみます。「自動クリック」でググって出てきた、おーとくりっか~のようなことをしてみます。GUIは今回はなしで。それなりに需要がありそう(あったで今はそんなにない!?)Au3Record.exeとMouseClick()、Sleep()でサクっと作ります。ランダム座標も考慮したほうがいいかも。
AutoIT

AutoIt コマンド実行時の引数 $CmdLine

AutoItでexeを作って実行するにも、変数は実行時に渡したくなりますね。標準で$CmdLine変数が用意されているのでそれを使えばOKです。$CmdLineという配列に格納されています。PowerShellなどから実行せず、exeをダブルクリックして実行しても$CmdLineはあります。配列なので、スクリプトに下記を記載するだけでOK
AutoIT

AutoIt Webカメラ、IPカメラ、ネットワークカメラを使う

AutoItでWebカメラ入力を使って画像やビデオとして保存することが出来ます。これをAutoIt使ってやるメリットはあまりないかもしれませんが、こんなことも出来るんだなというサンプルとしてメモ。やるとしたらOpenCVと組み合わせて何かするくらいでしょうか。
AutoIT

AutoIt 時間を取得 ミリ秒も含め

AutoItで処理時間を計りたいと思った時に、ミリ秒含めないと処理時間わからないなと思ったらDate.au3にありました。GetTickCount()ですね。GetTickCount()はkernel32.dll->GetTickCount()
AutoIT

AutoItで画像認識 OpenCV UDFを使い、あいまいなテンプレートマッチング

AutoItのImageSearchはちょっとでも色が変わったりすると認識が一気にできなくなったり、処理がすごく遅くなったりしてあまり使えないなーという感じです。あいまい認識出来るように、OpenCVを使った画像認識(テンプレートマッチング)を紹介します。これでRPAライクな業務自動化がより安定しますね。
AutoIT

AutoItでImageSearch、画面内の画像認識

ゲーム自動化などのキーワードでよく使われるのが画像認識らしく、AutoItでもImageSearch UDF+ImageSearch.dllがあります。画面をキャプチャ(スクリーンショット)して、指定した画像があるかマッチングを行うもののようです。 なので、Win+Shift+S的な画面キャプチャした画像から対象画像があるかのマッチングですね。
AutoIT

Windows DefenderにAutoItアプリがマルウェアとして認識されたらMicrosoftにファイルを送って診断してもらう

AutoItで悩ましいのが、AV (Anti Virus)ソフトにマルウェアとして認識される可能性が高いこと。特にTrojan:Win32/*** って・・・いや、わたくしマルウェアなるものを作ったつもりはないんですが。Windows Defenderの設定でスキャンしないフォルダを設定する方法と、Submit a file for malware analysisにファイルを送り診断してもらう2つの方法を紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました