navigator.webdriver=trueだとロボットだとバレる。その回避法はあるか?puppeteerなら出来そう

navigator.webdriver WebDriver

スクレイピングされたくないですよね。そういう人は多いかと思います。ましてやコンテンツを根こそぎ抜かれて、文章微妙に改変されて記事アップなんて、数年前DeNAのキュレーションサイトで問題になったやつのように。記事作りのバイトへのやらせ方など醜すぎて、よくあんな事やらせていたなと・・・あれが大問題にならなければ、スクレイピング合戦が始まりそれはそれで面白かったかもしれませんが、可哀そうなのは元記事を書いた人ですね。

とは言え筆者もスクレイピングしたいのが本音。バイトは使いませんが記事を参考にします。さすがにあそこまで醜いコピペはしません。自分でも動くか実際にコード書いて確かめるし。

スポンサーリンク

1. 基本、navigator.webdriver変数がセットされる

Selenium含め、WebDriver使うとnavigator.webdriver=trueがセットされます。
なので、もし自分のサイトがスクレイピングなどされたくない場合はヤフーや(優しい人)、もっと悪質なサイト(ある人はxvideos.comにしていた)に飛ばしてしまいましょう。

<script>
if( navigator.webdriver == true ){
location.href = “https://cfautog.tokyo”;
}
</script>

2. puppeteerではnavigator.webdriverを消せる

puppeteerだと削除することが出来ます。
なので、今後クローラーは更に増加すると思うので、各サイトクローラー対策されていくことを見越すと、puppeteerでやるのがいいかもしれませんね。

というわけで、今回はDockerでpuppeteerを動かすのをメインに試してみます。

3. Dockerでpuppeteerを動かして試す

というわけで、Dockerでpuppeteerを動かして試してみます。

3.1 Dockerfile

puppeteerのTroubleshooting Running on Alpineを見てDockerfile作成します。まんまコピペ。

Build software better, together
GitHub is where people build software. More than 50 million people use GitHub to discover, fork, and contribute to over 100 million projects.
FROM alpine:latest

RUN apk add --no-cache \
	chromium \
	nss \
	freetype \
	freetype-dev \
	harfbuzz \
	ca-certificates \
	ttf-freefont \
	nodejs \
	yarn \
	font-noto-cjk \
	unifont

ENV PUPPETEER_SKIP_CHROMIUM_DOWNLOAD true


RUN yarn add puppeteer

# Add user so we don't need --no-sandbox.
RUN addgroup -S pptruser && adduser -S -g pptruser pptruser \
    && mkdir -p /home/pptruser/Downloads /app \
    && chown -R pptruser:pptruser /home/pptruser \
    && chown -R pptruser:pptruser /app


# Run everything after as non-privileged user.
USER pptruser
#################################################################################
#
WORKDIR /app
CMD ["sh"] 

3.2 docker-compose.yml

適当にググって書きます。

version: '3.3'
services:
  puppeteer:
    container_name: puppeteer
    privileged: true
    build: puppeteer
    volumes:
      - ./app:/app
    ports:
      - 8100:3000
    tty: true

3.3 docker-compose build, up -dしておく

docker-compose build, docker-compose up -dして起動しておきます。

3.4 app/test.js

app/test.jsを作り、下記作成。

const puppeteer = require('puppeteer');

(async() => {
  const browser = await puppeteer.launch({ 
  	executablePath: '/usr/bin/chromium-browser',
  	args: ['--no-sandbox']
  });
	const page = await browser.newPage();
	await page.evaluateOnNewDocument(() => {
//		Object.defineProperty(navigator, 'webdriver', ()=>{});
//		delete navigator.__proto__.webdriver;
	});
	
	await page.goto('あなたのサイト');
	await page.waitFor(2000);
	await page.screenshot({path: 'ttt.png'});
	browser.close();
})();

3.5 サイトのhtmlにnavigator.webdriverチェック入れる

下記を入れます。

<script>
if( navigator.webdriver == true ){
  location.href = "https://cfautog.tokyo";
}
</script>

3.6 test.jsを実行

docker exec で入り、node test.jsを実行

docker exec -it puppeteer /bin/sh

/app $ node app.js

で数秒後にttt.pngというファイルが出来ています。
まずは、navigator.webdriver変数がセットされているので、本サイトトップがスクショされています。

3.7 navigator.webdriverを削除する

3.4にあるtest.jsのコメントアウトをはずして有効にしましょう。
そしてtest.jsを実行すると、今度はあなたの指定したサイトがスクショされています。
puppeteerで起動したChromiumブラウザにnavigator.webdriverがセットされていない為です。

これで、とりあえずはwebdriverで操作していないように見せることが出来ます。

4. google search console系のクローラーは?

webdriver=trueなら弾くのはいいのですが、クローラー(googlebotというらしい)まで弾くとインデックス登録してくれません。googleやbingのクローラーにwebdriverがセットされているかはググっても見つけることが出来ませんでした。ユーザーエージェントで判定して、botでなければwebdriver判定するのがいいかもですね。

Google クローラの概要(ユーザー エージェント) - Search Console ヘルプ
Google がウェブをクロールするために使用するロボットをご紹介します「クローラ」は、ウェブページ間のリンクをたどることによってウェブサイト

9. 参考サイト

puppeteer webdriver変数を削除

Changing window.navigator within puppeteer to bypass antibot system
I'm trying to make my online bot undetectable. I read number of articles how to do it and I took all tips together and used them. One of them is to change windo...

puppeteer running-puppeteer-in-docker

Build software better, together
GitHub is where people build software. More than 50 million people use GitHub to discover, fork, and contribute to over 100 million projects.

コメント

タイトルとURLをコピーしました