サイトにどういうキーワードで入ってきたかを調べる Microsoft Bing ウェブマスターツール版

bingウェブマスターツールはgoogle search consoleを設定してから ブログ

弊社サイト、今のところautoit関連記事ばかりですが、そろそろ他のほうにも目を向けていかないと・・と思うのと同時に、どういうキーワードで入ってきているのかをbingも少しあったのでBing WebMasterツールを使ってみようと。開発している人ならgoogleがメインかと思いますが、パソコンあまり使えない人なんかはChromeインストールすら厳しい人もいます。そういう人はWindows買ったままのブラウザEdgeやIE使っていて検索エンジンはBingかと。(yahooに行って検索する人もそれなりにいますが)

一応bingウェブマスターツールも知っておこうと思い、メモを残します。

スポンサーリンク

1. googleサーチコンソール設定済みならインポート出来る

なんとびっくり!googleサーチコンソールに登録していたら簡単にインポートできました。

1.1 マスターツールにサインイン

今回はgoogleアカウントでサインインしてみます。

Bing - Web マスター ツール
Bing Web マスター ツールにログインまたはサインアップして、あなたのサイトの検索パフォーマンスを向上しましょう。無料のレポートやツール、リソースにアクセスできます。
Bingウェブマスターツールにサインインする

1.2 サインイン後はインポートするだけ

右側には「Google Search Consoleですか?で確認済み(日本語変)」があるのでインポートしてみる。

Bingウェブマスターツールはgoogle search consoleからインポートが楽

下記画面になるので、Search Consoleの使用を継続ボタンをクリックする

Bing webmasterとgoogle search consoleの連携

googleアカウントでの許可。

googleアカウントをBingに許可する

どのサイトをインポートするか、一覧からチェックし「インポート」

Bing ウェブマスターツールでgoogle search consoleからインポートするサイトを選択

たったこれだけで設定が終わりました。
後日データが溜まって、検索クエリなどが表示されるようになります。

Bingウェブマスターツールにサイト情報が表示された

2. googleアナリティクスの検索クエリに関してはこちら

googleアナリティクスの検索クエリはSearch Consoleと連携する必要があります。
その記事は下記です。

3. 参考リンク

Bing Webマスターツールの使い方と登録するべきSEO効果 | キーワードファインダー
検索エンジン"Bing"の対策はしていないというサイトも多いかと思いますが、Microsoftが無償提供している"Bing Webマスターツール"によって簡単にインデックスされる場合もあります。この記事ではその方法などについて詳しくご説明しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました