AutoIt GUIエディタKodaでGUIアプリ作成

autoit GUIエディタ Koda AutoIT

SciTEスクリプトエディタにはKodaというGUIエディタが附属しています。VisualBasic(6時代しか使ったことない)のGUIエディタに似ているかなと思っています。
コントロールをどんどん貼り付けていき、GenerateFormCodeすればコードに変換されます。
慣れればこれ使わなくてもいいと思いますが、とりあえずサクっと作るには便利です。

スポンサーリンク

1. Kodaを立ち上げる方法

1.1 直接立ち上げる

インストールフォルダ\SciTE\Koda\DF.exe をタスクバーにでもピン止めして起動しましょう

2. SciTEから立ち上げるにはソースファイルを開いていないとダメ

ソースファイルを開いていると、利用できるメニューが変わります。
メニュー「Tools->Koda(Form Designer) (Alt+m)」で立ち上がります。ソース開いていなくてもちょっと使いたい時に面倒ですね・・・

筆者はエディタはSublime Text3を使って、SciTEはもっぱらテスト実行するだけなので。

3. コントロール貼り付けてTools->Generate Form Code(F9)

とりあえずコントロールをいくつか貼り付けてメニュー「Tools->Generate Form Code(F9)」でコードを見てみましょう。すると以下のような感じでできるので、それをそのまま貼り付けて実行してみると良いです。

コントロール作成したらWhile 1 ~ WEnd でループしCloseイベントが来たら完了といった処理ですね。(MessageLoopモードがデフォルト)

Koda コード生成してみた

3.1 OnEventモードにするにはGenerating Optionで

OnEventモードにするにはKodaのメニュー「Tools->Generationg Option..(Ctrl+F9)」でOnEvent code、Generate events for all controlsにチェックします。

Kodaオプション OnEvent codeモードにする

GUICtrlSetOnEvent()で関数も生成されています。個人的にはこっち派です。

Koda イベントモードでソース生成

4. 慣れたら使わなくなります^^;

Kodaを使っていくつかコントロール置いたら、GUItrlCreateXX()で作成し、GUICtrlSetOnEvent()でコントロールをこの関数で処理することがわかるので、筆者はすぐ使わなくなりました。

5. 参考リンク

KODA FormDesigner
GUI Designer: Koda 1.7.3.0
New version 1.7.3.0 is out!Download current releasePlace to post bugs and suggestions (Bug tracker)Online help (Wiki)Whats new:Graphic editorBetter support of l...

コメント

タイトルとURLをコピーしました